スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ニュー・シネマ・パラダイス / Nuovo Cinema Paradiso
ヤマハぷりんと楽譜より
『メドレー ニュー・シネマ・パラダイス メインテーマ~愛のテーマ ~美しく響くピアノソロver.~

作曲 Ennio Morricone / Andrea Morricone
アレンジ 村上由紀

少年トトとおじいさんの心温まる友情を映画館を舞台に描いた作品。
青年となったトトが故郷へ帰り、おじいさんが編集し形見としての残してくれた、キスシーンばかり集めた映像を懐かしんで観るシーンは、美しすぎて涙涙ですね~

TSUKEMENのコンサートで聴いた『ニュー・シネマ・パラダイス』がすごく心に響いて
いつか弾きたいと思っていた曲です。

TSUKEMENのkentaさんが『この曲を弾き終わったときは、感謝の気持ちでいっぱいになって、いつもよりお辞儀が深くなる』
と語っていたこともあるくらい、この曲を聴くと幸せな気持ちで心が満たされていきます。
ほんとに美しい旋律ですよね~

このアレンジはそれぞれのテーマの最初が音の少ないアレンジになっています。
ここをどう弾くか・・・下手に弾けば曲のイメージを壊してしまいます。
先生からのアドバイスは、

淡々と・・・

え?それじゃなんだか子供が弾いたみたいになっちゃう!!
いやいや違うんですって・・・
うーん・・難しい・・・
イメージとしては古いフィルムを見ているような懐かしい感情・・・だそうで
弾く時の目線は楽譜の向こうの遠くにおいて、頭を引っ張られてるような姿勢で~
アハハ^^;
うまく表現するのは難しいですね~

なので後半の盛り上がりのほうが音は多いけど弾きやすかったですw

さて、この楽譜にはまだまだ出てこない素敵なテーマがありますね。
あれもこれも弾きたかったけど、楽譜通りにしか弾けないので残念なのですが、フルヴァージョンもいつか弾いてみたいです。

相変わらずの演奏ですがよかったら聴いてください。
スポンサーサイト
【2017/03/23 21:55】 | ピアノ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Sweet Memories
『Jazzアレンジで弾く永遠のスタンダード』より
作曲:大村雅朗
編曲:星出尚志

松田聖子の大ヒット曲『Sweet Memories』
名曲ですね。
松本隆の詩もあっての曲ですが、メロディラインがとても美しいので
ピアノソロになってもとても素敵です。
アレンジもいいですよね~
あまりJ-popは弾かないのですが、これは思わず弾いてみたくなるアレンジでした。
クリスマスとは何の関係もない曲ですが
今年はこれをクリスマス用の曲としてUPします。
良かったら聴いてください。
素敵なクリスマスを!そして、よいお年をお迎えください!

Merry Christmas and Best Wishes for a happy new year !!
【2016/12/22 21:50】 | ピアノ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MOON RIVER
2016/06/17 に公開

作曲 Henry Manchini
アレンジ 鈴木 奈美

映画『ティファニーで朝食を』でオードリー・ヘプバーンが歌った有名な主題歌です。

実はこの曲、先生が昔レストランでピアノを弾くアルバイトをしていた時に弾いていた楽譜だそうで
美しいメロディーとゆったりしたアレンジがとても心地よく響いてきて
本当に食事をしながら聴くには最高ですよね。
弾いている自分もゆったりとした気持ちになれたらもっといいのですけどね~^^;
そこがなかなか難しく、テンポがだんだん速くなってしまって・・・
先生からはとにかく歌う!これに尽きると言われました。
確かに歌いながら弾くとテンポは安定するんですよね~
Jazzアレンジという楽譜でありながらそれらしく聴こえないのがこれからの課題ですが
良かったら聴いてください。
【2016/06/17 20:41】 | ピアノ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
川の流れのように
『Jazzアレンジで弾く永遠のスタンダード』YAMAHAミュージックメディア より
作曲 見岳 章
アレンジ 鈴木奈美

美空ひばりさんの名曲『川の流れのように』のJazzアレンジです。
元々美空ひばりさんはジャズも歌っていたので、この曲がjazzアレンジになってもすごくしっくりきます。
時々鳥肌の立つような素敵なコード進行にキュンとなるアレンジです。
レッスンの時にたまたま持って行った楽譜を先生が弾いてくださって(もちろん初見で)
その演奏が素敵でして、私もあんな風に弾けるようになりたいと練習を始めました。

ところどころ最初は ん? と思うような響きがあり
ちょっと馴染めない感じでしたが、苦いビールがだんだんおいしく感じるように
その違和感のある和音がかえって魅力的に聞こえるようになってくるので不思議ですw

美空ひばりさんはたぶん今の私の年で亡くなられたのだと思います。
あまりにも早く、どんなにか無念だったことでしょう。
本当は昭和の日にUPしたかったのですが・・・

なかなか思うような演奏はできませんでしたが、よかったら聞いてください。
【2016/05/05 20:29】 | ピアノ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
L-O-V-E
作曲 BERT KAEMPFERT
アレンジ  Rei Kikuchi
ヤマハ ぷりんと楽譜より

CMでもおなじみの『L-O-V-E』
聴くだけでハッピーになれる素敵な曲ですね。

L is for the way you look at me
O is for the only one I see
V is very, very extraordinary
E is even more than anyone that you adore can

歌詞もメロディーも今の季節にぴったり!
ウキウキしてきます。

さてこの曲、ワンコーラスごとに転調するという一番苦手なパターン
陽気な曲だけど、慣れるまでは少しも陽気になれない感じでした。
しかも同じメロディーの繰り返しというのは、それぞれが同じようにならないように弾くというのがセオリー。

でもみんな陽気じゃん!

で、苦肉の策でそれぞれのコーラスごとにイメージする登場人物を決めましてw
お母さん、子供たち、お父さん、わんちゃんにゃんこ、おじいちゃん、そしてオールキャストみたいな感じ。
ちょっと弾く時のタッチが変わったりしました。(わからないですよね^^;)
とにかくとにかく幸せなイメージを膨らませてみました。

さて、この曲はたくさんの歌手が歌っていますが
私が一番好きなのはNat King Cole
彼の最後の曲をYoutubeで聴くこともできます!
こちらから(^^♪

よかったらこちらも聴いてください。
【2016/03/27 22:14】 | ピアノ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。