卒業写真 jazzアレンジ
ユーミンが荒井由実だったころの名曲ですね~
このjazzアレンジを手に入れたのは、もう9年も前のこと。
KAWAIのeスコアで買いました。
当時まだピアノは習っておらず、下の子が生まれる直前に買ってもらったエレピで
子供のころ習ったクラシックやポップスなどを弾いていましたが
ジャズアレンジのものは弾いたことがありませんでした。
弾けたらカッコいいだろうな~~~と、この楽譜を購入し
早速練習を始めたのですが、何しろ難しいフレーズが出てきたらパスする!という練習だったので
いつになっても弾けるようにならず
ついにこの楽譜を、難しいところだけ簡単アレンジに変えてもらいたい!
変えてもらえさえすれば!!なんて、勝手な思い込みにより
ヤマハの教室へ通うことになったのです^^;
先生変えてくれるかな~~なんて大いに期待していったのですが
弾けないなら弾けないなりに頑張りましょう!ということで
結局変えてもらえず、弾けないところは最後の音さえ間違わなければいい!
それよりも、テンポは崩さずに!というレッスンでしたw
今でも一部弾けないんですけど、この教えだけは守ってますw

8月に新潟のヤマハの教室が移転するに当たり
11月に新しいホールで発表会があるのですが
その時に弾く曲の保険曲として練習しました。
良かったら聴いて下さい。(本日2曲目!!頑張りましたw)

スポンサーサイト
【2011/06/28 16:14】 | ピアノ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
夢/ドビュッシー
4月の発表会で弾いてから早2ヶ月

生ピアノでUPしたいとわざわざレコーダーまで買ったので
今日まで何度かチャレンジしていたんですけどね
どうも、椅子のギシギシいう音とか
なんだかんだと、いろんな理由で上手くいかず
そろそろUPしないと忘れちゃうぞー!ということで
今回はエレピでのUPとなりました。

ま、どちらにしても出来はこんなものなのでw

思い起こせば2か月前
中途半端な暗譜が招いた悲劇TOT

前の記事でも書きましたけど
もう一回弾けないのが発表会なんですよね~
先生からも『めずらしいですよね~』と慰めていただきましたが
突然音を忘れてしまったんです・・・
そして、少し前に戻って弾きなおしーーー最近多いな~
緊張感が足りないのか・・・いやいや緊張のし過ぎです。
良かったら聴いて下さい。

【2011/06/28 16:07】 | ピアノ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エレの発表会でした
もう一回・・・弾けないのが発表会なんですよね~
たった一度だけ、約4分間のなかで
今まで頑張って練習してきたすべてを表現したい!

先生もおっしゃってましたが
緊張すると勝手に指が違う音を弾いてしまうんですTOT
なぜなんでしょう???
毎回毎回後悔ばかりです。
だからまた次回挑戦したいと思うんでしょうね~
ちなみに今回の曲はハリーポッターです。
ここでUPした時より、さらに上達したと思っていたんですけど
なかなかうまくいきませんねw
【2011/06/27 01:40】 | エレクトーン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ZOOM H4nというレコーダー♪
私の古いアップライトピアノが来て1年。
最近はめっきりクラビノーバを弾くことはなくなりました。
やっぱり鍵盤のタッチが全然違うし
強弱の表現も同じようにいかないので、
レッスンでピアノを弾いても、どうもうまく音が出せなかったんです。
ま、そんな理由もあって(ほとんど弱音にしていますが)
アップライトで練習しています。

で、それだったら動画もピアノで撮ってみたいなーと思ったわけです。
今まで動画はすべてビデオカメラで音声はラインにして撮ってました。
でも、今度は内臓のマイクで音を拾わなくちゃならないわけです。
そうすると、もうピアノの音はバリバリ割れちゃって、とてもUPできるような音じゃないんですよね~
持っていたICレコーダーも同じ・・・
そうしたら息子が、音楽録るならレコーダーは楽器屋さんで買わなくちゃ!
ZOOMのがいいよーと教えてくれました。
そして、たまたま尊敬しているshimaさんのサイトを見に行ったら
ちょうどshimaさんも最近エレピではなくピアノでUPを始めたところでして
見るとZOOM H4nというレコーダーで録音していたんですねー!
おおー!やっぱりそうなのか!と、早速購入いたしました。
で、早速録音してみました。
ピアノの音、やわらかくいい音で録れました!
ただ、弾く側にちょっと問題ありでUPはできません^^;
そのうち、ピアノでもUPできるようにしたいなーと思っております^^v


【2011/06/05 01:58】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |