プーランク
・・・という作曲家は今まで一度も聞いたことがありませんでした。

初めて聞いたのは「題名のない音楽会」で今を時めく「牛田智大君」が演奏した
『エディット・ピアフをたたえて』という曲。
まー12歳のボクが弾いているとは思えないほど
大人っぽく素敵な曲でした。
まさにピアノで奏でるシャンソンです!

わー!!絶対弾きたい!!!
ということで、検索→Amazon→あっという間に楽譜GET♪( ´▽`)

早速弾いてみましたが、まーそう簡単には行きませんよねσ(^_^;)

牛田君が弾けたからって、弾けるわけじゃない…
リストだって弾いちゃうんだもんね、ウンウン
おばちゃんはそうとう頑張らなくちゃ!

買った楽譜に収録されている曲は
どれもフランスの作曲家らしいお洒落で粋な
ちょっと不思議な音使いで魅力的です。

ピアノの先生が来月いっぱいで産休に入ってしまって
代行の先生になるので、復帰したらみてもらおうかな~
やっぱり、曲想は今の先生につけて欲しいし…


代行の先生は実は若くてイケメンの先生なんですって!
受付のお姉さん情報(^ ^)
まだお会いしてないんですけどσ(^_^;)
ふふふ、楽しみです♪( ´▽`)



いゃ~それにしてもまだまだ知らない素敵な作曲家&曲があるんだなー
今回プーランクを知ることができてラッキーでした!
機会があったらぜひ聴いてください!


スポンサーサイト
【2012/04/17 22:51】 | ピアノ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ORANGE (Grade6)
STAGEA・EL アーチスト 「安藤禎央作品集2」7-6級より
Yes!!に続き、同じ楽譜から國分芳明さんのアレンジです。
Yes!!同様安藤さんのアレンジはとても難しいので、まずは6級のものから
・・・ということで練習しました。

やはりオリジナルと比べるとかなり簡単&省略されていますが
6級とはいえ侮れないですね~仕上がりまでかなりの時間がかかりました。
特にメロディーの弾き方!
私のオレンジのイメージは太陽を燦々と浴びて元気で弾けてる!・・・なんですが
先生からのアドバイスはマカロンみたいに可愛い感じ♪ということなんです^^
・・・む・難しいww
ただ、右手のタッチを少し柔らかくして鍵盤を抑えると
出てくるいくつかの音のバランスが変わってくるのは分かりました。
微妙なタッチで音の雰囲気が変わる!という
また新しい技を知ってしまいました^^
これをうまく使えるようになったらいいなー
エレクトーンは奥が深いです!!!

そうそう、中間部のギターとピアノのソロのところ(その他ちょこちょこ)は
オリジナルっぽく弾いているので楽譜通りではありません。
いつか5-3級の安藤さんアレンジにチャレンジするための
ちょっとした練習も兼ねています。
(弾けるかどうかの見極め・・・っていう感じです)

あ、でもUPして聴いてみてわかったのですが
この部分、かなり走っています^^; 焦って弾いている感じです。
「ちゃんとリズム聞いてる???」とまた先生の声が聞こえてきそうヾ(´▽`;)ゝ
わかってるんです・・・
って、わかってたらちゃんと弾かないとね~^^;
大きな課題です(^^ゞ


YES!!同様、とっても気持ちのいい曲です。
ミスタッチ、踏み間違え・・・いつもの通りw
良かったら聴いてください。

【2012/04/06 08:03】 | エレクトーン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |