スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Stardust / piano
Hoagy Carmichael 作曲
鈴木奈美 編曲

実は最初に弾いたのはエレクトーンです。
去年の発表会に弾きました。
さっさとUPしてしまえば良かったんですけど
素敵な曲なのでピアノでも弾いてみたい!という気持ちを抑えきれず
UP前に手をつけてしまったんです。
そしたらこのアレンジがとても良くて、エレクトーンの方はすっかり影が薄くなってしまいました。
でも、近いうちにそちらも弾きたいと思います。

さて、この美しい曲『Stardust』は初めは歌詞のない曲だったようです。
後から付けられた歌詞は本当にこの曲にマッチしていて
YouTubeでもいろんな歌手のStardustを聴­くことができます。
ナット・キング・コールの声も素敵ですが、個人的には美空ひばりもヴァージョンも好き­です!
切なくて美しい歌詞の訳はこちらから見られます↓
http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10477507282.html
ぜひ一度読んでいただきたいです!

この曲は以前にも途中経過を載せましたが
最初のイントロ部分をいかにしてドラマチックに歌うか…
自分ではかなり歌っているつもりでも、意外とあっさり弾いていたりして
フレーズ間の呼吸が大事なんだなーと思いました。
本当に一緒に歌うとその呼吸が取りやすかったりしました。

中間のアドリブ部分はキラキラ感が大事!ということでしたが
重くならないようにと思うと音がふわふわしたり小さくなったり
軽いけどキリッと、でもフレーズ感を忘れずに
かなり難しかったです。
実際録画中もなかなか思い通りに弾けず
ミスタッチを気にするあまり抑揚がなくなったり
気持ちが入りすぎて指が回らなかったりと
ここにたどり着くまで数時間弾きましたw
そのためキラキラ感より疲労感が出てしまっているかも…;^_^A
相変わらず、えっ?というミスタッチありですが
良かったら聞いてください。
スポンサーサイト
【2014/04/22 08:17】 | ピアノ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
見知らぬ国々と人々/ 子供の情景より
シューマンの子供の情景より『見知らぬ国々と人々』

シューマンの作品はあんまり知りません;^_^A
すぐに思い浮かぶのはトロイメライくらいで…
あ、この曲も子供の情景の中の一曲ですね。

『見知らぬ国々と人々』はいったいいつどんな風にして知ったのか
きっと、どこかで聴いた…くらいのものだったと思いますが
耳にするたび素敵な曲だなぁ〜と思っていました。
何度かネットで楽譜を探しましたが、何しろ曲名がわからなくてはねぇ〜

そんなとき何かのTVで曲名を知り
あ、そのとき知ったのは『異国から』という邦題でした。
その後たまたまピアノのレッスンでそんな話をした時に
クラスの方が以前弾いたことがあるということで
楽譜をお借りすることができました。

楽譜は1ページ。
見るからに音符は少なくすぐにでも弾けそう!
ちょうどレッスンしていた曲が仕上がる時だったので
ちょっとした息抜きのつもりで弾くことにしました。

が、これが思っていたよりも難しかったです。
音数が少ないだけにミスタッチはアウトだし
音の強弱、バランス、タッチでガラリと変わっってしまう曲の雰囲気。
最初の一音から気の抜けない曲でした。

けれどやはり好きな曲は弾いていて楽しいです(^^)
子供の頃に見たこともない異国の風景や、そこに暮らす人達の装い
夢のような世界を妄想しながら弾きましょう〜
というのが先生からのアドバイス。
さて、そんな少女に戻れたかなぁ〜;^_^A
勇気のある方はどうぞ聞いてくださいw
【2014/04/22 07:54】 | ピアノ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。