スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
レイダース 〜失われたアーク〜
STAGEA・EL アーチストシリーズ 5-3級
ジョン・ウィリアムス曲集より

ご存知『インディジョーンズシリーズ』の中から
「レイダース〜失われたアーク〜」
このシリーズで私が一番好きなエピソードです。
上映されていた当時はそれほど興味もなかったので見に行かなかったのですが
これこそ映画館の大スクリーンで見たい映画ですよね。

映画を見るなら、アドベンチャーかSF!という私になったのも
きっとこの映画をテレビで見てからだと思います。

さて、そんな思い入れのあるレイダースマーチ。
エレクトーンを始めた頃家にあった子供のSTAGEAminiの頃に楽譜を買いまして
いつかは弾きたいと思っていたのですが
意外と早い時期に実現しまして
多分三年半前の発表会で弾くことができたんです。
でも、当日満足のいく演奏ができず、もっと練習してからUPしようと
保留にしてしまったまま結局放置。

でも、このblogの目的でもある私の練習の成果の記録として
どうしても載せたい一曲でしたので
ずっとそばに楽譜を置いて時々忘れないように弾いてました。

その曲をもう一度練習するきっかけになったのは
『エレクトーンやめたい…』という初めての大きなスランプ。
でも高いエレクトーン買って、今まで一生懸命練習して
なかなか自由にならなかった左足もちゃんと鍵盤を踏めるようになって
なによりこれからボケ防止にもなるというのに
そう簡単に諦めることができなくて悩んでいた時
先生から好きな曲弾けば?という一言で
そうだレイダース弾こう!と、自然と思い浮かんできたのです。

まぁ練習していたとはいえ、そう簡単に弾けるようにはならなかったけど
おかげで楽しくエレクトーンの練習ができました。
スランプに陥った私を応援してくれた大事な曲です。

相変わらずのミスタッチ、ちょっと走り気味ですがσ(^_^;)
良かったら聴いてください。

次の記事にも書いたように、著作権の所有者からの申し立てで音がミュートされてしまったので
応急措置として、新しく動画をUPしたのですが、縦横の比率が変です(^^;;
しばらくこのままで様子を見たいと思います。

⇒その後解決しました。詳しくは次の次の記事で!

スポンサーサイト
【2014/07/28 20:37】 | エレクトーン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
発表会のピアノ曲
11月にヤマハの大人のピアノクラスとエレクトーンクラスの発表会があります。
そのピアノ曲はもう練習を始めています。
牛田君が弾いているのを聴いて感動し
いつか私も弾きたいと強く思ったプーランク作曲の
『エディット・ピアフをたたえて』という曲です。

エディット・ピアフは『愛の賛歌』で有名なシャンソン歌手です。
親交のあったプーランクが彼女のために書いた曲は
まさにピアノで歌うシャンソン!と言われるほど
波乱に満ちた彼女の人生を曲の中で表現しています。

とても聴きやすいメロディーでドラマティックなので
曲想をつけるのは簡単かな〜と思ったら大きな間違いでした。
メロディーがドラマティックなのでついつい気持ちが入り込んで
余計な間をとってしまって、曲が流れなくなってしまうんです。
つまり一曲の中に何度も終わりが来てしまう感じです。
ここを客観的に捉えられるように『録音して聴いてください!』と先生からのアドバイス。

あと、大体の曲は右手がメロディー、左は伴奏という構成なので
どうしても左手を弱く弾いてしまう癖があって
ベースの音が小さくなってしまって、音の厚みがなくなったり
右のメロディーがきつく聴こえたりと、ここもかなりの難関です。

切ないメロディーでありながらピアニッシモからフォルテッシモまで
強弱もドラマティックに変化して、弾けるようになったら素敵だな〜と
先生の演奏を聴いて気持ちがやる気モード全開です!

以前にも載せたかもしれませんが、牛田君の演奏があったので聴いてください。
当時12歳の牛田君の、あの切ない視線の先には何が見えているのかな〜♪( ´▽`)



【2014/07/08 00:28】 | ピアノ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。