今年の発表会
この間発表会が終わったばかり……と思っていたら
今年の発表会の日取りが決まり、また選曲の時期になりました。

いつでも次の発表会は何にしようーと考えてはいるのですが
やはりこの時期に弾きたかった曲に決まっていくことが多いです。

毎回悩むことですが、余裕のある曲と挑戦する曲。

エレクトーンの先生は今仕上がった曲でいいんじゃないの?
とおっしゃったけど、やっぱりたった5分程の持ち時間に何千円ものお金を出すので
レッスン過程も含めて身になるものにしたいと思うんです。

エレクトーンは安藤禎央さんの『風のゆくえ』
(先生は難しそうな顔してましたが…)
ピアノはまだ迷い中ですが、今日楽譜持って相談してきて
とりあえずやってみましょう!ということになったのが
リンクしているakiさんのアレンジでショパンのバラード第1番。
もちろん原曲なんて手も足も出ませんが
羽生結弦君のショートプログラムヴァージョンにアレンジしてあって
それでも相当難しいし、akiさんの演奏のようには弾けないけれど
チャレンジしてみようと決めました!
そんなわけで、今年も残り9ヶ月のほとんどを発表会のために費やすことになりそうです。

けれど、本当に身の丈以上の曲を選んでしまったので
保険曲も何か用意しなければならないのは必至。
自分で決めたことだけど、スランプとか言ってられない状況に追い込みましたw

年末にUPしようと思っていたカッチーニのアヴェマリアさえまだ仕上がらないのに
やっぱり身の程知らずな感じもするなぁ〜w
ピアノは保険曲まで手が出せないかな;^_^A
だとしたら出ないだけだ!
スポンサーサイト
【2015/01/30 00:44】 | エレ&ピアノ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ORANGE
STAGEA パーソナルシリーズ 安藤禎央『0-mindscape4』 5-3級より

オレンジから連想される明るくさわやかなイメージそのままのポップなナンバーです。
2015年が明るく素敵な一年となるよう、今年初めの曲はこの曲で!と思い選曲しました。



レッスンで先生から注意されたこと
〈16ビートを確実にとらえる〉
 何しろずっとピアノを弾いてきたので、リズムに乗って弾くというのが苦手なんです。
 リズムといえばメトロノームでテンポを合わせる程度なので
 ざっくりとしたリズムでしか弾けなくて
 16分音符の精度など至難の業!
 けれどそれをシャープにとらえることで結果丁寧な仕上がりになるということを実感しました。
 実際は弾けてないですけどね^^;

〈情景を思い浮かべて〉
 ただ明るくさわやかに弾くって難しいですけど
 それを頭の中で映像化するだけでイメージしやすく
 それが音になって表現されるということ。
 これはピアノでも同じですよね。

あと、笑顔!口角上げて!(^^)
録画の時はできませんでしたw
かなり顔ひきつってたかも・・・
なにしろ今回の録画はたった4分間の集中ができなくて
それを我慢して維持して最後まで弾くのがつらかったです。
終盤、それがちょっとした焦りみたいに音に表れてしまいました^^;


2012年12月の発表会で弾いたきり放置していましたが
やっと日の目を見ることができました。
ベースの踏み間違え、後半の疲労感満載です^^;

良かったら聴いて下さい♪
【2015/01/23 20:03】 | エレクトーン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |