スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
坂本龍一のコンサート、行ってきました!
いやいや、すばらしかったです!

場内のアナウンスがあって、開演を知らせるブザーが鳴って・・・
え?あれ??いつまでも照明が落ちない・・・
会場内はシーンとしてずっと教授の登場を待っているのに・・え??
っと思っていると、どこからともなく不思議な音がしてきて
照明もだんだん、ほんとに少しずつ暗くなって、会場全体をそのままどこかへ連れて行ってしまいそうな不思議な一体感でした。
ふとピアノのそばで動く影が・・・と思ったら、その不思議な音は
なんと教授がピアノの弦をじかに指ではじいたり叩いたりしているんです!!
一緒に行った小5の息子も、ちょっとオカルトちっくな雰囲気にすっかり呑まれていました^^

composition0919では携帯やデジカメでの撮影をしてください・・・と
これについてはたにぼんさんのサイトで知っていたのですが
観客席からのフラッシュや携帯のシャッター音、そして明るい画面が曲と混ざり合っていく
これってすごい演出です!さすが教授だな~奇抜です!
090415_194152.jpg

最初の方だけはどの公演でも同じだそうですが、その後の曲は『次は何にしようかな~』と
その日の気分で決めていくそうです。
だから何を弾いてくれるんだろう・・・とワクワク感いっぱいでした。
「戦メリ」と「ラストエンペラー」が聴けたのはラッキーだったかも!

美しくて、力強く、そして温かい・・・
そんな空気に包まれてのコンサートでした。
・・・で、隣ではその空気にすっかり癒され睡魔に負けた息子が・・・(爆
スポンサーサイト
【2009/04/16 01:44】 | その他 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<左足が・・・太い!!! | ホーム | メタル・サザエさん(Grade6)>>
コメント
たにぼんさんへ
はーい!楽しんできました。
ほんと、教授にしかできないですよねー
ゆったりしているようで、とっても神経質な感じ。

戦メリも練習中のラストエンペラーも聴けたのでラッキーでした。
モチベーション・・・上がったかな~
教授の表現するものはやっぱり誰にも真似できないし
同じ空間で聴くからこそのアレンジやテンポっていうのもありますよね。
妙に、私は私・・・みたいなあきらめのような気持にもなりましたね^^
たにぼんさんはどうでしたか?
【2009/04/18 21:37】 URL | ちゅん #L8qX7C.g[ 編集] | page top↑
楽しんでこれたみたいですね。
色んな意味で教授にしかできないコンサートだったと思います。
戦メリ聞けて良かったですね!
これで練習するモチベーションもアップしますね。
【2009/04/18 16:25】 URL | たにぼん #-[ 編集] | page top↑
テツキチさんへ
こんばんはー
はい!普通じゃなかったですね~^^
2台ピアノでしたけど、ピアノでこんな表現ができるんだー!って
ほんとに驚きの連続でした。

私もピアノのコンサートはたぶん初めてだと思います。
最後の音の響きが消えるまで
みなさんシーンとその時を待って
わー!!と拍手の嵐!
ポップスのライブでは絶対ないですよね。
なかなか良い体験でしたよ。

写真、たにぼんさんみたいに前の方だったらよかったんですけど
2階席の真ん中あたりだったのでこれがやっとです。
でも、雰囲気はわかっていただけたでしょうか^^

あ、生戦メリ・・・ふふふ~*^^*
【2009/04/18 00:25】 URL | ちゅん #L8qX7C.g[ 編集] | page top↑
お~教授のコンサート、いいですね!
ピアノのコンサートって行った事ないですが、一度体験してみたいです。
でも今回のコンサートは良い意味で「普通」じゃないんでしょうね。
携帯を効果の小道具に使うなんて、普通の人がしたら邪道っていわれそうなもんですが、教授だからこそ出来る演出なんでしょうか。
画像見てても携帯のバックライトって意外とキレイですねー
戦メリ、生で聴いてみたいっ!
【2009/04/16 22:53】 URL | テツキチ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jnk0613.blog1.fc2.com/tb.php/36-b71f0c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。