FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ラプソディ・イン・ブルー Rhapsody in Blue/ Jazz Orchstra ver.
作曲/ジョージ・ガーシュイン
編曲/AYAKI
月刊エレクトーン2010年の11月号のものですが
『STAGEA・EL月刊エレクトーンPLUS (グレード5〜3級) AYAKI流JAZZアレンジ (CD付) ●グレード: 3級, 4級, 5級』と同じものかもしれません。


練習を始めたときは楽譜を見ただけではリズムがさっぱりわからず、最初の2か月くらいは右手だけも左手だけも、もちろん足だけもほとんど弾けませんでした。
それぞれのパートがからみあってひとつのリズムになってたりするからです。
もうあきらめようか・・・と思ったところへ参考演奏の音源を持っていた友がウォークマンに入っているよと、救いの神!
早速コピーさせてもらい、それを何回も聞いて楽譜より耳!でなんとかリズムとメロディーを理解した感じです。


AYAKIさんのアレンジは初めてですが、とにかくパワー!と先生から言われ、
特にリズムを刻む左手のピアノ、要所要所に出現するキメ!
その部分をしっかりと力強く弾くのですが
もともと関節炎の指たちがかなり悲鳴を上げてますTOT

途中トランペットのソロは指がヘロヘロでお恥ずかしい限りです^^;
運指を何度も試して考えて、弾きやすいのを考えたんですけどね~

そろそろ練習を始めて10か月くらいになるので、これ以上の上達は見込めない感じです・・・
肝心なところでミスタッチやヘロヘロタッチですが、良かったら聴いてください。


あ、今回02のバージョンアップにより『オーディオ録音』機能が付いたので、早速使ってみました。なので、映像と音は別撮りです。ラインで音を入れるよりずっとクリアでいい音になりました!
ただし、音と映像を合わせる手間が大変で、毎回これをやるのかと思うとちょっとうんざりしますw
けれど、練習中もどんどん録音できるので、うまくいったTAKEを逃さないというメリットがあります^^v

【2016/07/12 01:36】 | エレクトーン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
煙が目にしみる/Smork gets in your eyes
実はクリスマスにUPしたのですが、blog更新を忘れてまして
今頃になってしまいました(^^ゞ

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*


Electone STAGEA パーソナルシリーズvol.6『三原善隆~エレクトーンに出会ったスタンダードたち~』6級より

ジェローム・カーン作曲
三原善隆  編曲

特にクリスマスの曲ではないのですが、美しい旋律とオーケストラサウンドのアレンジががクリスマスにぴったりですね。
山下達郎の『Season's Greetings』にも収録されています。



実はこの曲を弾くまでにちょっとした挫折がありまして…

ここ数年、曲集はいつも5ー3級のものを買って弾いていたんですが
前回のボサノバを練習している時に先生から
『ボサノバ感台無し!』というなかなか厳しい言葉をいただきまして
弾けてるだけでボサノバじゃない!
ギリギリすぎて余裕がない! ということなのか、、、
とにかく心折れましてw

で、もう一度グレード落としてやり直そうと思い
この6級の曲集を買ったわけです。
この曲で3曲目なんですが、ロックアレンジは『ただのエイトビートだ!』と言われ仕上がりに時間がかかり
とても人に聞かせられるような出来でなく
けれど、エスニックアレンジは一発合格とその差が激しく
要するに、苦手なリズムとそうでないものがあるというのがよくわかったわけです。

なるほどね、だったら苦手は極力回避しよう!という結論に達し
この曲で一旦6級修行の旅は終わりにすることにしましたw
大人ですからw今更無理はいたしませんσ(^_^;)

というわけで6級の楽譜なのでそれほど難しくはないのですが
右足がいつもサボってる私にとって、ボリュームペダルとフットスイッチをどちらも操作しなければならないということで
音がうまく変わらず、録画までに時間がかかってしまいました^^;
この辺りこれからの課題ですね^_^;


それでは良かったら聴いてください。
【2016/02/22 02:36】 | エレクトーン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バイタライズしました~!
エレクトーンSTAGEAが02になってかなりたちますが
私は今のままでも十分だと思ってました。
実際01ですら知らない機能もいっぱい、触ったことのないボタンもいっぱい!
そんな私に新しい機種は必要ないと・・・

ところがYoutubeを見ると02での素敵な演奏がいっぱい!
そうなれば『弾いてみたい!』と思うわけで、楽譜とデータを買ったりするわけです。
さ、練習してみよ!と思って自分のエレクトーンにデータを読み込ませても
出ない音、はたまた全くリズムがならなかったり・・・

これってYAMAHAの陰謀じゃん!って思いながらも
ついに決意しました!
本体は01のままで02のユニットを組み入れるという鮮やかな変身!

以前は申し込んでもなかなか来なかったらしいのですが、今やあっという間に日取りが決まります。
一か月早いクリスマスプレゼントかな~
自分から自分へのw
無題

猫は興味津々
お願いだから壊さないでね!
無題2

ついにバイタライズ完了!
私のエレクトーンも02になりました!
ローンはこれかから^^;
練習頑張ります!
CUn-VD8UAAERjbo.jpg
【2015/11/25 19:41】 | エレクトーン | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
風のゆくえ (ELSー01C)
STAGEA パーソナルシリーズ 安藤禎央『0-mindscape4』 5-3級より

2015年の発表会で弾きました。

何年か前に発表会で聴いて、いつか弾きたいと思っていた曲です。
初めに聴いた印象はもっと優しく美しい感じでしたが
安藤さんの生の演奏を聴く機会があり、その時の演奏が力強く
まるで冬の冷たい向かい風を受けている感じだったので
そのイメージでベースもギターのソロもかなりしっかり弾いています。

途中音が濁ってしまった所はくしゃみや咳などでスルーしていただけると嬉しいですw
02へのバイタライズの前に、01での音も残しておきました。
よかったら聴いてください♬
【2015/11/20 23:41】 | エレクトーン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ジュ・トゥ・ヴ~ハーブティーボッサver~
STAGEA・ELポピュラーシリーズ5-3級  『カフェ・ミュージックdeアレンジ』より

エリック・サティの名曲 『ジュ・トゥ・ヴ』のおしゃれなボッサアレンジです。

ジュ・トゥ・ヴは以前にもjazzアレンジでも弾きましたが、今回は夏の浜辺を思わせるさわやかなアレンジになっています。
本来、楽譜では♩=90でかなりテンポの速いアレンジなのですが、私の技術ではこのテンポではボサノバのゆったりした感じが出せないので80で弾いています。
実はこの速いテンポがくせものでして、弾くことはできてもなんだか焦った演奏になってしまって
先生から『ボサノバ感、台無し!』ときつーい一言をもらいまして^^;;
速く弾くことだけがいいのではなくて、聴いた時にボサノバの心地よさを感じられる演奏をすることが大事だと
今まで楽譜通りに弾くことだけに一生懸命になっていた私には目から鱗でした。

そういうわけで、かなり遠回り&無駄な(ではないかも)時間を費やしましたが
結局80に戻してOKをもらったのでした。
早くてもボサノバ感を出すのって難しいです。
アレンジャーの方が思い描く風景とは違って聴こえるかもしれませんが
イメージとしては海辺のパラソルの下
汗をかいたグラスにアイスハーブティ・・・ですw
時々氷がカランとなったりしてw

ちょっと遅いテンポでのジュ・トゥ・ヴとなっています。
相変わらずのミスタッチ、踏み間違えありですがよかったら聴いてください。
【2015/09/08 23:33】 | エレクトーン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。