スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ジュ・トゥ・ヴ~ハーブティーボッサver~
STAGEA・ELポピュラーシリーズ5-3級  『カフェ・ミュージックdeアレンジ』より

エリック・サティの名曲 『ジュ・トゥ・ヴ』のおしゃれなボッサアレンジです。

ジュ・トゥ・ヴは以前にもjazzアレンジでも弾きましたが、今回は夏の浜辺を思わせるさわやかなアレンジになっています。
本来、楽譜では♩=90でかなりテンポの速いアレンジなのですが、私の技術ではこのテンポではボサノバのゆったりした感じが出せないので80で弾いています。
実はこの速いテンポがくせものでして、弾くことはできてもなんだか焦った演奏になってしまって
先生から『ボサノバ感、台無し!』ときつーい一言をもらいまして^^;;
速く弾くことだけがいいのではなくて、聴いた時にボサノバの心地よさを感じられる演奏をすることが大事だと
今まで楽譜通りに弾くことだけに一生懸命になっていた私には目から鱗でした。

そういうわけで、かなり遠回り&無駄な(ではないかも)時間を費やしましたが
結局80に戻してOKをもらったのでした。
早くてもボサノバ感を出すのって難しいです。
アレンジャーの方が思い描く風景とは違って聴こえるかもしれませんが
イメージとしては海辺のパラソルの下
汗をかいたグラスにアイスハーブティ・・・ですw
時々氷がカランとなったりしてw

ちょっと遅いテンポでのジュ・トゥ・ヴとなっています。
相変わらずのミスタッチ、踏み間違えありですがよかったら聴いてください。
【2015/09/08 23:33】 | エレクトーン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
いつか王子様が 50thスペシャルバージョン
2009年にエレクトーン50周年を記念して配布された楽譜。
長野洋二 編曲

エレクトーンステーションでだったかなぁ
何しろエレクトーンを始めて1年目で、まだ7ー6級の楽譜でレッスンしていた時だったので
この楽譜を使える日が来るのかもわからずダウンロードしたままになっていました。
しかもレジスト付いてなかったしー

それから何年かして、たまたま月エレのバックナンバーから
『いつか王子様が』を弾くことになり練習を始めてから
何げなく見たこの楽譜が同じ長野洋二さんのアレンジだとわかり
照らし合わせてみたら月エレはこの楽譜のショートバージョンだったのです。
もともと市販のレジストがなかったので、
いつか先生に教えてもらいながら自分で作ってみようと思っていたのですが
ちょっと手を加えるくらいなら自分でもできるかな、ということで
月エレのレジストを元にちょっと追加して作ってみました。
もちろん先生のお直しありですけどねw

実はこの曲は今から2〜3年前にレッスンしたんですけど
始めて右足でベースを踏んだ記念の曲なのですw
それまでは曲を選ぶときに、まずベースが簡単なことが優先だったのですが
その年はベースで曲を選ばない!と決心しまして
チャレンジした一曲です。
さすがに初めは右足を出すとのけぞってしまって
ベースを弾くどころじゃありませんでした。
それでも負けずにやってみるものですね〜

一度は仕上がった曲だったのですが
録画できずにいるうちに弾けなくなってしまって
再度レッスンしてもらいやっとUPにこぎつけました。
今回先生から何度もダメ出しを受けたのが
ORANGE同様、リズムにシャープに乗れてない、、、ということ。
本当に苦手です(^^;;
きれいに乗れないと雑な感じに聴こえてしまうんですよね〜
頑張ったけど、これが限界ですw
ノリノリのアレンジでアタフタな演奏ですが
よかったら聴いてください。

【2015/03/26 22:52】 | エレクトーン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
カッチーニのアヴェ・マリア
Giulio Caccini 作曲
内山ゆう子 編曲

アヴェ・マリアといえばシューベルトやグノーが有名ですが
もうひとつカッチーニのアヴェ・マリアも入れて三大アヴェ・マリアというそうです。

恥ずかしながら、私はこのカッチーニのアヴェマリアは知らなくて
去年の発表会で同じピアノクラスの方が弾いたのを聴いたのが初めてでした。
その方は小原孝さんの素敵なアレンジのものを弾いたのですが
さすがに発表会レベルはすぐに手が出せないので他を探すことに。

もともとピアノ曲ではないので、どの楽譜もアレンジということになるのですが、
弾きたいアレンジのものは楽譜が見つからず
今回は­内山ゆう子さんのものを選びました。
教会の鐘の音を表現した和音から始まります。
そして最後は祈りが天に向かって捧げられた後、
ひらひらと雪が舞い降りてくるイメージで弾いてみました。
楽譜はこちらです。

音が少なく簡単なようで、アルペジオのテンポやら、呼吸やら何やら・・・
楽譜の見た目より難しかったのですが
致命的だったのは、ちゃんと弾けてないことに
自分自身が気付いてないということなんです。
アルペジオや、ちょっと盛り上がってきたりすると
テンポがどんどんはやくなってしまったり
左手の音の幅が広がると、変な間ができてしまったり、、、
なので、練習してレッスンに行っても、いつも同じような所を注意され
本当は年末にUPする予定でしたがいつまでたっても弾けるようにならず
やっと2か月遅れでのUPとなりました。

アヴェ・マリアという言葉は
イエスキリストを身ごもったマリアさまにおめでとうと祝福する言葉だそうです。
聖母マリアに祈りを捧げるという意味で
数々の『アヴェ・マリア』が作られました。

祈りという意味で私の解釈として
いたましい事件や事故が起きる世の中ですが
自分の命、身近な人の命、そして小さなものたちの命をみんなが大切に思えたらいいな・­・・
という思いを込めて弾きました。
良かったら聴いてください。

【2015/02/19 00:43】 | エレクトーン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
サクラ
STAGEA パーソナルシリーズ 安藤禎央 『SORA』より

8月の終わりに『桜のころに安藤さんのサクラをUPしたい』と先生に話したところ
『だったら今から始めなさーい!』とおしりをたたかれ(笑)
春に向けて頑張ってきた甲斐あり、桜を待たずしてUPにこぎつけました!

相変わらずピアノタッチで柔らかい音が出せず
前半の落ち着かない感じもいやで撮り直したい気持ちもいっぱいですw
私も多分先生も納得しない出来な感じもしますが
これが私のサクラということですね^^;

この曲は一昨年安藤さんのライブで生で聴いて
弾いてみたいなーと思った曲の一つです。
(全部弾いてみたいのが本音ですがw)

春になると冬のゴツゴツした幹から、あんなにふんわりとやわらかい花を咲かせる桜。
ひらひらと散るはかない姿とその力強さの両方を持ち合わせる魅力的な花ですよね。
そんな桜を見事に表現された曲だと思います。
そのメロディーだけでなく左手和音の美しさ。
聴いただけでキュンとした思い出がよみがえり、聴いた後温かくさわやかな気持ちにさせてくれる曲です。

寒い冬がおわり一斉に咲き誇る満開の季節、みんながそれを見て『うわ~!』と笑顔になっていく。
そんな様子を思いながら弾いてみました。
それぞれの桜の思い出とともに聴いて下さったら嬉しいです。

【2015/02/10 22:28】 | エレクトーン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
今年の発表会
この間発表会が終わったばかり……と思っていたら
今年の発表会の日取りが決まり、また選曲の時期になりました。

いつでも次の発表会は何にしようーと考えてはいるのですが
やはりこの時期に弾きたかった曲に決まっていくことが多いです。

毎回悩むことですが、余裕のある曲と挑戦する曲。

エレクトーンの先生は今仕上がった曲でいいんじゃないの?
とおっしゃったけど、やっぱりたった5分程の持ち時間に何千円ものお金を出すので
レッスン過程も含めて身になるものにしたいと思うんです。

エレクトーンは安藤禎央さんの『風のゆくえ』
(先生は難しそうな顔してましたが…)
ピアノはまだ迷い中ですが、今日楽譜持って相談してきて
とりあえずやってみましょう!ということになったのが
リンクしているakiさんのアレンジでショパンのバラード第1番。
もちろん原曲なんて手も足も出ませんが
羽生結弦君のショートプログラムヴァージョンにアレンジしてあって
それでも相当難しいし、akiさんの演奏のようには弾けないけれど
チャレンジしてみようと決めました!
そんなわけで、今年も残り9ヶ月のほとんどを発表会のために費やすことになりそうです。

けれど、本当に身の丈以上の曲を選んでしまったので
保険曲も何か用意しなければならないのは必至。
自分で決めたことだけど、スランプとか言ってられない状況に追い込みましたw

年末にUPしようと思っていたカッチーニのアヴェマリアさえまだ仕上がらないのに
やっぱり身の程知らずな感じもするなぁ〜w
ピアノは保険曲まで手が出せないかな;^_^A
だとしたら出ないだけだ!
【2015/01/30 00:44】 | エレ&ピアノ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ORANGE
STAGEA パーソナルシリーズ 安藤禎央『0-mindscape4』 5-3級より

オレンジから連想される明るくさわやかなイメージそのままのポップなナンバーです。
2015年が明るく素敵な一年となるよう、今年初めの曲はこの曲で!と思い選曲しました。



レッスンで先生から注意されたこと
〈16ビートを確実にとらえる〉
 何しろずっとピアノを弾いてきたので、リズムに乗って弾くというのが苦手なんです。
 リズムといえばメトロノームでテンポを合わせる程度なので
 ざっくりとしたリズムでしか弾けなくて
 16分音符の精度など至難の業!
 けれどそれをシャープにとらえることで結果丁寧な仕上がりになるということを実感しました。
 実際は弾けてないですけどね^^;

〈情景を思い浮かべて〉
 ただ明るくさわやかに弾くって難しいですけど
 それを頭の中で映像化するだけでイメージしやすく
 それが音になって表現されるということ。
 これはピアノでも同じですよね。

あと、笑顔!口角上げて!(^^)
録画の時はできませんでしたw
かなり顔ひきつってたかも・・・
なにしろ今回の録画はたった4分間の集中ができなくて
それを我慢して維持して最後まで弾くのがつらかったです。
終盤、それがちょっとした焦りみたいに音に表れてしまいました^^;


2012年12月の発表会で弾いたきり放置していましたが
やっと日の目を見ることができました。
ベースの踏み間違え、後半の疲労感満載です^^;

良かったら聴いて下さい♪
【2015/01/23 20:03】 | エレクトーン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。